タイ王国ドットコムへようこそ!

タイ王国に関する情報サイトです。タイ王国への旅行にタイ王国での生活にぜひご活用ください。
Yahoo!ブックマークに登録
モバイル名古屋

タイ王国ファンクラブ

   タイのフルーツ
日本では高級果物とされているものを、気軽に味わえるのもタイの魅力のひとつ。
ちなみに、フルーツは機内持ち込みができません。ぜひ現地で堪能しましょう。

トゥーリアン(ドリアン)

トゥーリアン(ドリアン)

強烈な匂いを放つため敬遠する人もいるが、フルーツの王様といえばコレ。ねっとりとした濃厚な舌触りが特徴。日本では高級品のドリアンもタイでは安く食べられる。

マムアン(マンゴー)

マムアン(マンゴー)

黄色く熟した果肉はとっても甘い。そのまま食べるだけでなく、プリンにしたり、アイスにしたりと様々なデザートに加工して食べる。旬は3〜6月頃。

マラコー(パパイヤ)

マラコー(パパイヤ)

完熟した実は鮮やかなオレンジ色をしていて、濃厚な食感。レモンやライムを絞って食べると臭みが消えて美味! 熟していない青い実はソムタムの材料になる。

ケーオ・マンコーン(ドラゴンフルーツ)

ケーオ・マンコーン
(ドラゴンフルーツ)

赤い皮がインパクトあるこのフルーツの正体はサボテンの実。強烈な風貌とは裏腹に、中身は白いキウイといった感じ。味の方も淡白で、さっぱりとした甘さが特徴。

ンゴッ(ランブータン)

ンゴッ(ランブータン)

ひげのような赤い毛が生えている変わった見た目のフルーツ。上品な甘さが特徴の白く透明な果肉はとってもジューシー。4月から8月が旬。

ローンコーン(龍眼)

ローンコーン(龍眼)

皮は薄く手で簡単にむくことができる。果肉はライチのような食感でさっぱりとしている。市場では枝にたくさん実が付いた状態で売られている。

マンクッ(マンゴスチン)

マンクッ(マンゴスチン)

ドリアンがフルーツの王様なら、フルーツの女王様はマンゴスチン。ころっとした見た目がかわいらしい。中身は白くてとってもジューシー。5月〜9月が旬。

ノーイナー(シャカトウ)

ノーイナー(シャカトウ)

見た目がお釈迦様の頭のようなので、日本語名はシャカトウ(釈迦頭)という。熟したものはとても甘くてみずみずしい。桃のような食感。

カヌン(ジャックフルーツ)

カヌン(ジャックフルーツ)

フルーツの中で最も大きくなると言われているジャックフルーツ。大きいものでは40kgにもなるという。ごつごつとした皮の中には、黄色い身が詰まっている。

 

マプラーオ(ココナツ)

マプラーオ(ココナツ)

デザートだけでなく、タイではあらゆる料理に利用されるココナツ。ヤシ科の植物で、固い皮の中に白い身とジュースが入っている。年中食べられる。