タイ王国ドットコムへようこそ!

タイ王国に関する情報サイトです。タイ王国への旅行にタイ王国での生活にぜひご活用ください。
Yahoo!ブックマークに登録
モバイル名古屋

タイ王国ファンクラブ

トイレ事情

ところ変わればトイレも変わる
何気に気になるタイのトイレ事情

海外旅行をする上でトイレが快適かどうかということは重要になってくる。タイのトイレは多少形は違えど、使い方はほぼ日本の和式トイレと同じ。また、ホテルや都市部のレストランなんかではほぼ洋式トイレが普及しているので、何も恐れることはない。ただ、山岳部などでは、未だにトイレがないような村もある。そのような場所では適当に草むらで用を足すしかない。

タイ式トイレ

 タイ式のトイレは和式トイレと同じようにしゃがんで使う。日本ではドアに背を向けて使うが、タイ式は便器の穴の開いている方を後ろにしてしゃがみドアに顔を向けて用を足す。それから便器の横に大きな水槽があるので、手桶で水をすくって流そう。タイではトイレットペーパーを流せない場所が多く、もしうっかり流してしまうとパイプが詰まってしまう可能性大なので要注意。トイレットペーパーは必ず備え付けのゴミ箱に捨てること。トイレによってはなぜか床から30cm前後も高くなったトイレも存在する。そんな場所ではうっかり足を踏み外さないように注意。

使い方は和式トイレと一緒

使用後は水槽の水を手桶ですくって流す

洋式トイレ

 洋式トイレは都市部ではかなりの普及率。地方でも旅行者が行くようなレストランや中級以上のホテルならまず洋式になっているので心配しなくても大丈夫。また、そういった場所ではトイレットペーパーを流しても問題ない。ただ、便座が濡れている場合もあるので気をつけよう。これは地元の人はトイレットペーパーを使わず、備え付けのホースのようなミニシャワーでお尻を洗うため。また、なぜか便座が取り外されてしまった洋式トイレに遭遇することもたまにある。なぜなのかは謎。

外国人が行くような場所はほぼ洋式

公衆トイレは有料の場所も。大体1B程度