タイ王国ドットコムへようこそ!

タイ王国に関する情報サイトです。タイ王国への旅行にタイ王国での生活にぜひご活用ください。
Yahoo!ブックマークに登録
モバイル名古屋

タイ王国ファンクラブ

観光 | バンコク情報 | K village
 
K village
K village
K villageは100店舗以上のレストランと専門店が集まる新しい大型ショッピングスポット! ここには最新流行ファッションやアクセサリー、IT機器、美容関連などのショップや幅広いジャンルの料理がたのしめるレストランが揃っています。カルフール・ラマ4世通り店の裏の15ライ*ほどある敷地には、生い茂る木々の木陰が心地よい中庭をそなえ、かつ現代的なつくりで都会っ子のライフスタイルに合わせた空間が広がっています。
※1ライ=1,600㎡
一歩足を踏み入れると、どこから先に見ればいいのか目移りしてしまうK villageですが、まずはA棟から紹介しましょう。A棟は別名K-Ovalと呼ばれ、その大部分は新鮮な野菜と果物、おいしいパン、さまざまな食材を扱う大型スーパー“Gourmet Market”が占めています。レストランでは、無添加食材にこだわる健康志向のタイ料理店“Water Cress”、漢方飲料とタイ伝統菓子を販売する“SRI(シー)”、ワイン好きが喜びそうな“Wine connection Deli & bistro”も外せません。日本料理が食べたくなったら“Kuu & Sake bar”へ。そして、ふわふわのアイスクリーム“Ho-mu Soft Cream”を食べるのもお忘れなく。家とアウトドアのことならアメリカ発ホームセンター“True Value”をのぞいてみましょう。
K village
   
A棟2Fは健康と美容ゾーン。美容院“The Lounge Hair Salon”、マッサージとスパの“Bangkok hands massage & Spa”などが入っています。レストランゾーンには、日本料理店、とんかつ専門店“かつキング”、ラーメン“つけ麺 山岸”。本格香港料理を味わうなら“King’s Palace Congee & Noodles Bar”(“府皇”)がおすすめ。おかゆ、麺類、えびワンタン、焼き豚、蒸し春巻きなどを堪能できます。タイラーメン、クイッティアオルアの“レン・セン”、ベトナム料理“THouse”もあります。
続いてB棟、別名K-squareをご案内しましょう。ここには洋服やアクセサリーを扱うお店が50店舗以上入っています。高級フォーマルドレス、輸入品中心の”I-Dress”、清楚でかわいいタイ製カジュアルドレス”Rebecca”。ちょっと休憩するなら、オーストラリア発コーヒー専門店“Gloria Jean’s Coffees”、おいしいベーカリーカフェ“Café Stellar”が寛げます。Apple Mackintosh専門店“IBEAT”で 最新のIT機器をチェックするのもいいですね。
B棟2Fの大部分は日本料理レストランが並んでいます。しゃぶしゃぶと日本式すき焼き“しゃぶ銭”、濃厚な味つけの大阪風日本料理“のぶ”、長崎ちゃんぽん“リンガーハット”などなど。韓国焼肉“Nolboo Hangari Galbi”、ハイソなソムタムが売りのタイ料理店“Yum Tum”も。日本製品を60バーツ均一で売る“ダイソー”も必見です。もっと詳しく説明したいのですが誌面が足りません! 百聞は一見に如かず、です。まずは自分の足で行ってみるのが一番。1日ではとても見て回れないことが身に染みてわかるでしょう!
 
 
K village map
DATA
K village

●住所:93,95 Sukumvit 26, Klongton,Klongtoey Bangkok 10110
スクンビットからソイ26に入り、ラマ4世通りに向かって走行。カルフール・ラマ4世通り店の裏手、ロータス・ラマ4世通り店の向かい側に見えるショッピングセンター。
時間:10:30~21:00

●駐車場:約300台
●営業日:毎日
●時間:10:00~22:00 ※店舗により異なる
●TEL:+66-(0)2-258-9919~21
●詳細はHPで www.kvillagebangkok.com